XML データの新たな行を選択し編集

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーガイドとレファレンス > メニューコマンド > Authentic メニュー >

XML データの新たな行を選択し編集

XML データの新たな行を選択し編集」コマンドにより、IBM DB2 といった XML DB にあるテーブルから新たに行を選択することができます。新たな行は Authentic View に表示され、編集を行った後に DB への書き込みを行うことができます。

 

XML DB が XML データソースとして使用される場合、XML データカラムのセルに収められている XML ドキュメントが Authentic View に表示されます。XML データの新たな行を選択し編集コマンドにより、XML カラム上の他のセル(または行)にある XML ドキュメントを選択することができます。このコマンドを選択することで、XML フィールドの選択ダイアログが表示され、XML カラムに含まれているテーブルが表示されます。

SelectNewXMLDataRow

フィルタリングによりこのテーブルに表示される内容を制限することができます。フィルタリングに使用されるのは SQL の WHERE 句です(例えば、CID>1002 といった WHERE 句の中に入る条件になります)。更新ボタンをクリックして、ダイアログの表示内容を更新することができます。上のスクリーンショットではフィルタリングされた結果を見ることができます。目的の XML ドキュメントが表示されているセルを選択して OK をクリックします。選択されたセルの XML ドキュメントが Authentic View にロードされます。

 


(C) 2019 Altova GmbH