エンティティを定義する

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーガイドとレファレンス > Authentic View 内で編集する >

エンティティを定義する

ドキュメントが DTD、または、XML スキーマをベースにしているかに関わらず、Authentic View 内で使用するためにエンティティを定義することができます。 定義後、これらのエンティティはエンティティの入力ヘルパー内に表示され、コンテキストメニューの 「エンティティの挿入」 サブメニュー内に表示されます。エンティティの入力ヘルパー内のエンティティをダブルクリックすると、 カーソル 挿入ポイントにエンティティが挿入されます。

 

テキスト文字列、XML フラグメント、または、他の外部リソースをドキュメント内の複数の場所で使用する場合、エンティティは役にたちます。 必要とされるデータのための短い名前であるエンティティを定義するには、エンティティの定義 ダイアログを使用します。エンティティの定義後、ドキュメント内の複数の場所で使用することができます。これにより時間を節約し、効率よくメンテナンスすることができます。

 

ドキュメント内で使用することのできるエンティティには2つの広い型が存在します:  XML データ (テキスト文字列、または、XML ドキュメントのフラグメント) である「解析済みのエンティティ」、または、非-XML データ  (グラフィック、サウンド、または、マルチメディア オブジェクトなどの)バイナリファイルである 「解析されていないエンティティ」。各 エンティティには名前と値が存在します。解析されたエンティティの場合、 エンティティは XML データのためのプレースホルダです。 エンティティの値 は XML データ 自身、または、データを含む .xml ファイルをポイントする URI です。 解析されていないエンティティの場合、エンティティの値は非-XML データ ファイルをポイントする URI です。

 

エンティティを定義する方法:

 

1.「Authentic | XML エンティティの定義....」 をクリックすると、エンティティの定義 ダイアログが開かれます (下のスクリーンショット).

 

dlg_define_entities

 

2.名前フィールドにエンティティ名を入力します。これは、エンティティの入力ヘルパーに表示される名前です。
3.エンティティの型を型フィールドのドロップダウンリストから入力します。次の型を使用することができます: テキストが使用する Internal エンティティが XML ドキュメント自身内に保管されています。PUBLIC または SYSTEM の選択はリソースが XML ファイルの外部にあることを指定し、公開識別子またはシステム識別子を使用してロケートされます。システム識別子はリソースの場所を与える URI です。 公開識別子はプロセッサーがリソースを識別するためのロケーションに影響されない識別子です。公開とシステム識別子の両方を指定すると、公開識別子はシステム識別子、システム識別子を使用して解決します。
4.PUBLIC が Type として選択されている場合、PUBLIC フィールド内にリソースの公開識別子を入力します。 Internal 、または、型としてシステムを選択すると、PUBLIC フィールドは無効化されます。
5.Value/Path フィールド内に、次を入力することができます:

 

エンティティの型が Internal の場合、エンティティの値として使用するテキスト文字列を入力します。エントリに引用符を入力しないでください。入力する引用符はテキスト文字列の一部として扱われます。
SYSTEM がエンティティの型である場合、参照ボタンを使用してリソースの URI 、または、ローカルネットワーク上のリソースを入力します。解析されたデータがリソースに含まれている場合、 XML ファイルである必要があります (すなわち、ファイルは .xml 拡張子を持つ必要があります)。 更に、 リソースは GIF ファイルなどのバイナリファイルであることができます。
エンティティの型が PUBLIC の場合、このフィールドにシステム識別子を追加で入力する必要があります。

 

6.NDATA エントリはプロセッサーにこのエンティティを解析せず適切なプロセッサーに送信されるように命令します。 NDATA  フィールドはエンティティが解析されていないエンティティを示す値を含む必要があります。

 

ダイアログの機能

エンティティの定義 ダイアログ内で以下の機能を使用することができます:

 

エンティティの追加
エンティティの挿入
エンティティの削除
列ヘッダーをクリックしてエンティティをアルファベット順の値に並べ替えます。 1度クリックすると昇順に並べ替え、2度クリックすると降順に並べ替えられます。
ダイアログボックスと列の幅のサイズを調整します。
ロック。XML ドキュメント内でエンティティが使用されると、このエンティティはロックされ、エンティティの定義 ダイアログ内で編集することはできません。ロックされたエンティティは、最初の列内でロックシンボルにより表示されます。 エンティティをロックすることにより、エンティティに対して XML ドキュメントが有効であることを保証することができます (エンティティが参照されており、定義されていない場合は、ドキュメントは無効になります)。
エンティティの複製はフラッグされます。

 

エンティティの制限

 

他のエンティティ内に含まれるエンティティはダイアログ Authentic View、または XSLT 出力内で解決されません。このようなエンティティのアンパサンド文字は & などのエスケープ文字と共に表示されます。
イメージファイルではない外部の解析されていないエンティティは Authentic View 内で解決されません。デザイン内のイメージは 外部の解析されていないエンティティを読み取るように定義され、 URI がエンティティ名 (例: 'logo') になるように設定されています。エンティティの定義 ダイアログ内でエンティティ名を (上のスクリーンショット内のロゴエンティティのために設定されているように) イメージファイルの URI に対して解決する値を持つ外部の解析されていないエンティティとして定義することができます (上のスクリーンショットを参照してください)。

 


(C) 2019 Altova GmbH