OnMouseEvent

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザー レファレンス > オブジェクト > AuthenticView > Events >

OnMouseEvent

イベント: OnMouseEvent (nXPos long として、 nYPos long として、 eMouseEvent  を SPYMouseEvent として、 objRange  を AuthenticRange として) をブール値として

 

XMLSpy スクリプト環境 - VBScript:

Function On_AuthenticMouseEvent(nXPos, nYPos, eMouseEvent, objRange)

 ' On_AuthenticMouseEvent = True  ' to cancel bubbling of event

End Function

 

XMLSpy スクリプト環境 - JScript:

function On_AuthenticMouseEvent(nXPos, nYPos, eMouseEvent, objRange)

{

 // return false;  /* to cancel bubbling of event */

}

 

XMLSpy IDE プラグイン:

IXMLSpyPlugIn.OnEvent (31, ...)        // nEventId = 31

 

説明

このイベントは各マウスの動きとマウスボタンウィンドウメッセージのためにトリガーされます。

 

実際のメッセージ型とマウスボタンの状態は、 eMouseEvent パラメーター内で使用することができます。列挙データ型 SPYMouseEvent 内で定義されているビットマスクを使用して、異なるメッセージ、ボタンの状態、その組合せをテストします。

 

パラメーター objRange は現在のマウスカーソルの位置で見つけられたドキュメントの一部を識別します。 範囲オブジェクトは常にドキュメントの完全なタグを選択します (更に正確なポジションメカニズムを使用できるようになると、この機能は将来のバージョンで変更される可能性があります)。現在のポジションでドキュメントの選択できる部分が存在しない場合、 範囲オブジェクト NULL です。

 

注釈: XMLSpy のスクリプト環境と IDE プラグインからの次のイベントはサポートされますが、このイベントでは古いため使用されません:

On_AuthenticMouseMove()                        IXMLSpyPlugIn.OnEvent (15, ...)        // nEventId = 15

On_AuthenticButtonUp()                        IXMLSpyPlugIn.OnEvent (16, ...)        // nEventId = 16

On_AuthenticButtonDown()                        IXMLSpyPlugIn.OnEvent (17, ...)        // nEventId = 17

On_AuthenticButtonDoubleClick()        IXMLSpyPlugIn.OnEvent (24, ...)        // nEventId = 24

 

 

サンプル

' ----------------------------------------------------------------------------

' VB code snippet - connecting to object level events

' ----------------------------------------------------------------------------

' access XMLSpy (without checking for any errors)

Dim objSpy As XMLSpyLib.Application

Set objSpy = GetObject("", "XMLSpy.Application")

 

' this is the event callback routine connected to the OnMouseEvent

' event of object objView. If you click with the left mouse button

' while pressing a control key, the current selection will be set

' to the tag below the current mouse cursor position

Private Function objView_OnMouseEvent(ByVal i_nXPos As Long, ByVal i_nYPos As Long, ByVal i_eMouseEvent As XMLSpyLib.SPYMouseEvent, ByVal i_pRange As XMLSpyLib.IAuthenticRange) As Boolean

  If (i_eMouseEvent = (XMLSpyLib.spyLeftButtonDownMask Or XMLSpyLib.spyCtrlKeyDownMask)) Then

      On Error Resume Next

       i_pRange.Select

       objView_OnMouseEvent = True

  Else

       objView_OnMouseEvent = False

  End If

End Function

 

' use VBA keyword WithEvents to connect to object-level event

Dim WithEvents objView As XMLSpyLib.AuthenticView

Set objView = objSpy.ActiveDocument.AuthenticView

 

' continue here with something useful ...

' and serve the windows message loop

 


(C) 2019 Altova GmbH