OnBeforeDrop

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザー レファレンス > オブジェクト > AuthenticView > Events >

OnBeforeDrop

イベント: OnBeforeDrop (i_nXPos long として、 i_nYPos long として、 i_ipRange AuthenticRange  としてi_ipData  を cancelBoolean として

 

XMLSpy スクリプト環境 - VBScript:

Function On_AuthenticBeforeDrop(nXPos, nYPos, objRange, objData)

 ' On_AuthenticBeforeDrop = False  ' to disable operation

End Function

 

XMLSpy スクリプト環境 - JScript:

function On_AuthenticBeforeDrop(nXPos, nYPos, objRange, objData)

{

 // return false;  /* to disable operation */

}

 

XMLSpy IDE プラグイン:

IXMLSpyPlugIn.OnEvent (11, ...)        // nEventId = 11

 

説明

このイベントはアプリケーションウィンドウ内で以前にドラッグされたオブジェクトがドロップされるとトリガーされます。イベントに関連する全ての情報はパラメーターにパスされます。

 

イベントが発生する際に、最初の2つのパラメーターはマウスの場所を指定します。  パラメーター objRange はマウスの場所の下の要素を選択する範囲オブジェクトにパスします。 このパラメーターの値は NULL である可能性があります。 範囲オブジェクトにアクセスする前に確認してください。 パラメーター objData によりドラッグされレイルオブジェクトの情報へのアクセスが許可されます。

 

ドロップオペレーションをキャンセルするために False を返します。 通常の操作を続行するために True を返します(または、何も返しません)。

 

サンプル

' ----------------------------------------------------------------------------

' VB code snippet - connecting to object level events

' ----------------------------------------------------------------------------

' access XMLSpy (without checking for any errors)

Dim objSpy As XMLSpyLib.Application

Set objSpy = GetObject("", "XMLSpy.Application")

 

' this is the event callback routine connected to the OnBeforeDrop

' event of object objView

Private Function objView_OnBeforeDrop(ByVal i_nXPos As Long, ByVal i_nYPos As Long,

                                    ByVal i_ipRange As IAuthenticRange,

                                    ByVal i_ipData As IAuthenticDataTransfer) As Boolean

 

  If (Not i_ipRange Is Nothing) Then

       MsgBox ("Dropping on content is prohibited");

      Return False;

  Else

      Return True;

  End If

End Function

 

' use VBA keyword WithEvents to connect to object-level event

Dim WithEvents objView As XMLSpyLib.AuthenticView

Set objView = objSpy.ActiveDocument.AuthenticView

 

' continue here with something useful ...

' and serve the windows message loop

 


(C) 2019 Altova GmbH