AuthenticView.XMLDataRoot

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザー レファレンス > オブジェクト > AuthenticView >

AuthenticView.XMLDataRoot

次も参照してください:

 

プロパティ: XMLDataRoot  を XMLData として (読み取り専用)

 

説明

現在のドキュメントのトップレベルの XMLData 要素を返す、または、設定します。 この要素は通常ドキュメント構造を説明し、型 spyXMLDataXMLDocStruct、spyXMLDataXMLEntityDocStruct または spyXMLDataDTDDocStruct です。

 

エラー


2000

AuthenticView オブジェクトは有効ではありません。


2005

戻り値パラメーターのために無効なアドレスが指定されています。

 


(C) 2019 Altova GmbH