XSD、XML、 と SPS/PXF ファイル

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  サーバーのセットアップ >

XSD、XML、 と SPS/PXF ファイル

Authentic Browser プラグイン プロジェクトの実装の主な目的は、 Authentic View 書式内で XML ドキュメントをビューし編集することです。 この書式は XML ドキュメントの XML マークアップを隠し、 カスタムデザインされた WYSIWYG インターフェイス内でのドキュメントの編集を可能にします。 Authentic View 内の XML ドキュメントのレイアウトとデータ入力 メカニズムは SPS ファイル内で定義されています。 SPS と XML ドキュメントがベースにしている SPS ファイル、XML ファイル、と XML スキーマファイル (XSD ファイル)は、Authentic Browser クライアントがアクセスできるようにネットワーク上に保管されます。

 

SPS ファイル

SPS ファイルは Altova の StyleVision 製品 内で作成されます。XML ファイルがベースとする同じ XML スキーマをベースにしています。StyleVision 内では、 SPS デザイナーはドラッグアンドドロップとページレイアウト メカニズムを使用して SPS をデザインすることができます。SPS ファイルは、 Authentic View で表示される際の XML ドキュメントのレイアウトとデータ入力 メカニズムを決定します。

 

Authentic プラグインのための HTML ページ 内では、XML ファイル、SPS ファイル、 および XSD ファイルの場所は指定されます。 (HTML ページ内の)  Authentic View ウィンドウに XML ファイルがロードされ、 SPS ファイル内で指定されているデザインに従い表示されます。 XML ファイルと SPS ファイルは両方とも同じ XML スキーマをベースにしています (XML ファイルはスキーマ SPS が使用する大きなスキーマの一部をベースにすることもできます)。

 

メモ:Authentic Browser が正確に作動するには、 SPS ファイル内で スキーマがメインスキーマとして割り当てられている ことを確認してください。 %SVPS%> (SPS) の作成に関する情報は、次を参照してください: Altova の StyleVision 製品ユーザーマニュアル StyleVision 製品の説明を Altova Web サイト で読むことができます。

 

XML ファイル

Authentic View ユーザーは Authentic プラグインのための HTML ページ にアクセスしてクライアントマシン上のドキュメントを編集することができます。XML ファイルがロードされる Authentic View ウィンドウがこのページに含まれています。 Authentic View ユーザーはクライアントブラウザー内でドキュメントを編集し、 XML ドキュメントに変更を戻し保存します。

 

XSD ファイル

XSD ファイルには2つの目的があります。 XML ドキュメントを検証するために使用され、SPS がベースとするジェネリック名ドキュメント構造を提供します。XML ファイルと SPS ファイルは両方とも XSD ファイルを参照します。 ですから、 XSD ファイルは XML と SPS ファイルにより参照されるとおり正確な場所に保管される必要があります。

 

XSD、XML と SPS/PXF ファイルのストレージの場所

XSD、XML、 と SPS (または PXF) ファイルは全てのクライアントマシンによりアクセスすることのできるネットワーク上のロケーションに保存されている必要があります。Authentic Browser サーバー上の場所が最適な場所です。サーバー上の単一のフォルダー内のファイルをロケートし、相対的なパスとして互いへの参照を指定することが奨励されます。例えば、 XML ファイルを XSD レファレンスを使用して作成し、相対的なパスとして指定します。

 

DB-ベースの SPS に関するメモ

If Authentic Browser を使用して DB-ベースの StyleVision Power Stylesheet (SPS) を使用するデータベース (DB) を表示、または、編集する場合、データベースに正確に接続することを保証するために次の設定をおこなう必要があります。

 

SPS 内の接続 情報: DB へ接続するために必要な全ての情報は、SPS 内の接続文字列内に保管されています。 StyleVision Power Stylesheet を作成する際に SPS 内の接続文字列は StyleVision 内で作成されます。MS Access DB への接続に使用されるメカニズムは他のデータベースのために使用されるメカニズムとは異なります。 他の DB のために、ADO 接続が使用されます。 接続 メカニズムのこれら2つの種類のために行う設定は下で説明されています。

 

MS Access DBF のため: MS Access DB のための接続文字列内で、クライアントが正確にデータベースに接続するために、 UNC パスが使用される必要があります。StyleVision 内で StyleVision Power Stylesheet がビルドされるとこの UNC パスは指定されます。しかしながら、 DB (または、他の祖先フォルダー) を含むフォルダーが共有のためにセットアップされていることを確認してください (Windows XP 内では、共有設定は、フォルダーを右クリックして、「共有とセキュリティ」を選択するとアクセスすることができます)。マシン上では高度なファイル共有を有効化する必要があります (「マイコンピューター | ツール | フォルダーオプション」シンプルなファイル の共有のチェックを解除します)。 クライアント上では必須の設定は存在しません。

 

メモ: servername がサーバーの名前で、共有されたフォルダーの名前が sharename である、接続文字列内で使用される UNC パスの書式: \\servername\sharename\path\file.mdb (これは、サーバー上の共有されたフォルダーのために作成する共有設定内で指定されています)。 path は DB へのパスで、 file.mdb は共有されたフォルダーの共有されたフォルダー または 子孫 フォルダー内の MS Access DB の名前です。

 

ADO 接続 のため: StyleVision 内で SPS がビルドされる際に、 SPS 内の ADO 接続文字列は指定されます。セキュリティ情報を含む必要とされる接続情報が含まれています。StyleVision 内で接続文字列をテストする際に使用されるドライバーが使用されていることを確認してください。また、Authentic Browser をホストする全てのクライアントマシンにインストールされていることを確認してください。これにより SPS がクライアントからデータベースに正確に接続することができます。 ADO データベース 接続はローカルファイルパスのみで作動し、 http:// URL を使用しては作動しないことに注意してください。

 

PXF ファイルに関するメモ

XSLT 2.0 を使用する SPS デザインを Power XML Form (PXF) ファイルとして保存することができます。 Altova により、PXF ファイル書式 は、関連したファイルと共にパッケージ SPS デザインに特別に開発されました。(デザイン内で使用される、 スキーマファイル、ソース XML ファイル、 イメージファイル、および、 ソース XML の出力フォーマットへの変換のための XSLT ファイル)。 PXF ファイル書式の利点は、 Authentic View 編集のために必要とされる全てのファイル、および、 Authentic View からの出力の生成が便利に単一のファイル内でおこなうことができることです。

 

メモ:PXF ファイルが Web サーバーに存在する場合、 および、 Authentic Browser プラグインと使用される場合、 サーバーがファイルをブロックしないように確認してください  (IIS 管理者パネルを使用して、 例えば、) PXF (.pxf) ファイルの拡張子のための次の MIME の種類を追加することで行うことができます: application/x-zip-compressed

 


(C) 2019 Altova GmbH