XMLData.EraseCurrentChild

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザー レファレンス > オブジェクト > XMLData >

XMLData.EraseCurrentChild

次も参照してください:

 

宣言: EraseCurrentChild

 

説明

EraseCurrentChild は現在の XMLData 子オブジェクトを削除します。EraseCurrentChild を呼び出す前に、 XMLData.GetFirstChild を使用して内部の反復子を初期化する必要があります。

 

サンプル

 

この JavaScript サンプルは、名前 "EraseMe" を持つ全ての要素を削除します。同じループ内で子要素をステップスルーするために EraseCurrentChild と GetNextChild を呼び出すことができることをコードは表示しています。

 

 function DeleteXMLElements(objXMLData)

 {

         if(objXMLData == null)

                 return;

         

         if(objXMLData.HasChildren)        {        

                 var objChild;

                 objChild = objXMLData.GetFirstChild(-1);

         

                 while(objChild)        {

                         DeleteXMLElements(objChild);

         

                         try        {

                                 if(objChild.Name == "EraseMe")

                                         objXMLData.EraseCurrentChild();

                                 

                                 objChild = objXMLData.GetNextChild();

                         }

                         catch(Err)        {

                                 objChild = null;

                         }

                 }

         }

 }

 


(C) 2019 Altova GmbH