AuthenticToolbarButtons.NewCustomButton

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザー レファレンス > オブジェクト > AuthenticToolbarButtons >

AuthenticToolbarButtons.NewCustomButton

宣言: NewCustomButton(nPosition long として, strName 文字列 として, strTooltip 文字列 として, strBitmapURL 文字列 として)

 

説明

ツールバーのポジション nPosition で strName という名前の新規のカスタムボタンを挿入します。 nPosition は 1 から開始します。

strTooltip はヒントテキストから取得されます。

 

strBitmapURL は新規のボタンのために表示されるビットマップの場所です。 このパスは TextStateBmpURL プロパティを使用して設定されたパスに相対的です。

 

サンプル

 

「MyFunction」 という名前のカスタムボタンがツールバーに挿入されたと仮定します。doceditcommand のための次のイベントハンドラーはユーザーがボタンをクリックするとどのように反応するか、およびボタンが有効化 / 無効化された状態を表示しています。

 

 

<SCRIPT LANGUAGE=javascript FOR=objPlugIn EVENT=doceditcommand>

 // event.type is set to "command" if the user clicked the button

 if(objPlugIn.event.type == "command")

 {

         if(objPlugIn.event.srcElement.Name == "MyFunction")

                 window.alert("You pressed my custom button!");

 }

 

 // event.type is set to "update" if the button state must be set

 if(objPlugIn.event.type == "update")

 {

         if(objPlugIn.event.srcElement.Name == "MyFunction")

         {

                 // we enable the button if only one element is selected

                 if(objPlugIn.CurrentSelection.Start.IsSameNode(objPlugIn.CurrentSelection.End))

                         objPlugIn.event.returnValue = 1;

                 else

                         objPlugIn.event.returnValue = 0;

 

                 objPlugIn.event.cancelBubble = true;

         }

 }

</SCRIPT>

 


(C) 2019 Altova GmbH