AuthenticRange.SetElementAttributeValue

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザー レファレンス > オブジェクト > AuthenticRange >

AuthenticRange.SetElementAttributeValue

次も参照してください:

 

メソッド: SetElementAttributeValue (strElementName 文字列 として, strAttributeName 文字列 として, strAttributeValue 文字列 として)

 

説明

strElementName と共に識別されている要素のために strAttributeName 内で指定されている属性の値を取得します。属性がサポートされ値が割り当てられていない場合、 空の文字列が返されます。 要素によりサポートされる属性の名前を検索するには、 GetElementAttributeNames または HasElementAttribute を使用してください。

 

エラー


2001

Authentic 範囲オブジェクト、または、その関連したビューオブジェクトは有効ではありません。


2005

無効な要素名が指定されました。

無効な属性名が指定されました。

無効な属性値が指定されました。

 

サンプル

' --------------------------------------------

'            VBScript

' Get and set element attributes

' --------------------------------------------

Dim objRange

Set objRange = objPlugin.AuthenticView.Selection

 

' first we find out all the elements below the beginning of the range

Dim arrElements

objRange.GetElementHierarchy arrElements

 

If IsArray(arrElements) Then

 If UBound(arrElements) >= 0 Then

         ' we use the top level element and find out its valid attributes

         Dim arrAttrs()

         objRange.GetElementAttributeNames arrElements(0), arrAttrs

 

         If UBound(arrAttrs) >= 0 Then

                 ' we retrieve the current value of the first valid attribute

                 Dim strAttrVal

                 strAttrVal = objRange.GetElementAttributeValue (arrElements(0), arrAttrs(0))

                 msgbox "current value of " & arrElements(0) & "//" & arrAttrs(0) & " is: " & strAttrVal

 

                 ' we change this value and read it again

                 strAttrVal = "Hello"

                 objRange.SetElementAttributeValue arrElements(0), arrAttrs(0), strAttrVal

                 strAttrVal = objRange.GetElementAttributeValue (arrElements(0), arrAttrs(0))

                 msgbox "new value of " & arrElements(0) & "//" & arrAttrs(0) & " is: " & strAttrVal

         End If

 End If

End If

 


(C) 2019 Altova GmbH