AuthenticRange.PerformAction

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザー レファレンス > オブジェクト > AuthenticRange >

AuthenticRange.PerformAction

次も参照してください:

 

メソッド: PerformAction (eAction  を SPYAuthenticActions として、 strElementName 文字列 として)  をブール値  として

 

説明

PerformAction と関連するメソッドは、Authentic の入力ヘルパー機能へのアクセスを提供します。 この機能は、変更が発生する正確な位置を知ることなくドキュメントのコンテンツを簡単かつ整合的に変更することができます。 範囲オブジェクトの最初は、指定されたアクションが実行される次の有効な位置を検索するために使用されます。 このようなロケーションが見つからない場合、 メソッドは False を返します。 それ以外の場合、 ドキュメントは変更され、範囲は変更の開始位置をポイントするようになります。

 

ヒント: 2番目のパラメーターとしてパスすることのできる要素名を探すには、CanPerformActionWith を使用します。

 

エラー


2001

Authentic 範囲オブジェクト、または、関連するビュー オブジェクトは有効ではありません。


2005

戻り値パラメーターのために無効なアドレスが指定されています。


2007

無効なアクションが指定されています。

 

サンプル

' --------------------------------------------

'             VBScript

' Insert the innermost element

' --------------------------------------------

Dim objRange

Set objRange = objPlugin.AuthenticView.Selection

 

' we determine the elements that can be inserted at the current position

Dim arrElements()

objRange.CanPerformActionWith spyAuthenticInsertBefore, arrElements

 

' we insert the first (innermost) element

If UBound(arrElements) >= 0 Then

 objRange.PerformAction spyAuthenticInsertBefore, arrElements(0)

 ' objRange now points to the beginning of the inserted element

 ' we set a default value and position at its end

 objRange.Text = "Hello"

 objRange.ExpandTo(spyAuthenticTag).CollapsToEnd().Select

Else

 MsgBox "Can't insert any elements at current position"

End If

 


(C) 2019 Altova GmbH