AuthenticRange.LastXMLDataOffset

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザー レファレンス > オブジェクト > AuthenticRange >

AuthenticRange.LastXMLDataOffset

次も参照してください:

 

プロパティ: LastXMLDataOffset long として

 

説明

範囲の終わりのために LastXMLData 要素内にカーソルの位置を設定または取得します。

 

オフセットの位置はテキストプロパティにより返された文字をベースにし、 0 と共に開始します。新規のオフセットを設定する際、-1 を使用して要素内の最後の可能なポジションにオフセットを設定します。 次のシナリオの場合、それぞれ特別な点に注意する必要があります:

 

コンボボックス内のエントリのテキスト書式と CheckBoxes および類似するコントロールはスクリーン上に表示されるものと異なる場合があります。  データオフセットはこのテキストをベースにしますが、2つの有効なオフセットの位置のみが存在します。 1つはエントリの始めに、もう1つはエントリの終わりに存在します。 オフセットをエントリ中に設定しようと試みると、オフセットが終了位置に設定されます。
XML エンティティのテキスト書式は、 スクリーン上の表記とは異なる場合があります。 オフセットはこのテキスト書式をベースにします。

 

LastXMLData / LastXMLDataOffsetFirstXMLData / FirstXMLDataOffset の前の位置を選択する場合、後者の場合、新規の終了位置に移動されます。

 

エラー


2001

Authentic 範囲オブジェクト、または、関連するビュー オブジェクトが有効ではありません。


2005

無効なオフセットが指定されています。

戻り値パラメーターのために無効なアドレスが指定されています。

 

サンプル

' ---------------------------------------------

'                  VBScript

' Select the complete text of an XMLData element

' using XMLData based selection and ExpandTo

' ---------------------------------------------

Dim objAuthenticView

Set objAuthenticView = objPlugin.AuthenticView

 

' first we use XMLData based range properties

' to select all text of the first XMLData element

' in the current selection

Dim objRange

Set objRange = objAuthenticView.Selection

objRange.FirstXMLDataOffset = 0 ' start at beginning of element text

objRange.LastXMLData = objRange.FirstXMLData ' select only one element

objRange.LastXMLDataOffset = -1 ' select till its end

 

' the same can be achieved with the ExpandTo method

Dim objRange2

Set objRange2 = objAuthenticView.Selection.ExpandTo(spyAuthenticTag)

 

' were we successful?

If objRange.IsEqual(objRange2) Then

 objRange.Select()

Else

 MsgBox "Ooops"

End If

 


(C) 2019 Altova GmbH