AuthenticRange.FirstXMLData

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザー レファレンス > オブジェクト > AuthenticRange >

AuthenticRange.FirstXMLData

次も参照してください:

 

プロパティ: FirstXMLData  をXMLData として

 

説明

範囲により一部、または、全体が選択されている基になるドキュメントの最初の XMLData 要素を設定、または、取得します。 選択の正確な開始位置は FirstXMLDataOffset 属性により定義されます。

 

FirstXMLData to 新規のデータオブジェクトを設定すると、 FirstXMLDataOffset が要素内の最初のカーソルの位置に設定されます。 カーソルの位置を持つ XMLData オブジェクトのみが使用されます。 FirstXMLData / FirstXMLDataOffset 設定すると、 LastXMLData / LastXMLDataOffset よりも大きな位置を選択します。後者の場合は、 新規の開始位置に移動されます。

 

ヒント: AuthenticRange オブジェクトで使用することができるメソッドが十分ではない場合、基になる XML ドキュメントに直接アクセスし操作するために、 FirstXMLDataLastXMLData プロパティを使用することができます。

 

エラー


2001

Authentic 範囲オブジェクト、または、関連するビュー オブジェクトが有効ではありません。


2005

戻り値パラメーターのために無効なアドレスが指定されています。


2008

内部エラー


2009

XMLData オブジェクトにアクセスすることができません。

 

サンプル

' -----------------------------------------------

'                 VBScript

' show name of currently selected XMLData element

' -----------------------------------------------

Dim objAuthenticView

Set objAuthenticView = objPlugin.AuthenticView

 

Dim objXmlData

Set objXMLData = objAuthenticView.Selection.FirstXMLData

' authentic view adds a 'text' child element to elements

' of the document which have content. So we have to go one

' element up.

Set objXMLData = objXMLData.Parent

MsgBox "Current selection selects element " & objXMLData.Name

 


(C) 2019 Altova GmbH