AuthenticRange.DeleteRow

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザー レファレンス > オブジェクト > AuthenticRange >

AuthenticRange.DeleteRow

次も参照してください:

 

メソッド: DeleteRow () ブール値 として

 

説明

範囲の始めが動的なテーブル内の場合、 このメソッドは選択された行を削除します。 範囲の選択は削除された行の後の次の要素を指すように変更されます。 削除の操作に成功した場合、関数は True を返します。それ以外の場合は False が返されます。

 

エラー


2001

Authentic 範囲オブジェクト、または、関連するビュー オブジェクトは有効ではありません。


2005

戻り値パラメーターのために無効なアドレスが指定されています。

 

サンプル

' ---------------------------------------------------------

'                      VBScript

' Delete selected row from dynamically growing table

' ---------------------------------------------------------

Dim objRange

Set objRange = objPlugin.ActiveDocument.AuthenticView.Selection

 

' check if we are in a table

If objRange.IsInDynamicTable Then

 objRange.DeleteRow

End If

 


(C) 2019 Altova GmbH