AuthenticRange.CanPerformActionWith

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザー レファレンス > オブジェクト > AuthenticRange >

AuthenticRange.CanPerformActionWith

次も参照してください:

 

メソッド: CanPerformActionWith (eAction  を SPYAuthenticActions として、out_arrElementNames  を Variant として )

 

説明

CanPerformActionWith と関連するメソッドは、 Authentic の入力ヘルパー機能へのアクセスを提供します。これらの機能は、変更の正確な箇所を知ることなく、ドキュメントコンテンツの簡単かつ整合性のある変更を許可します。

 

このメソッドは指定されたアクションを実行することのできる要素名の配列を返します。

 

ヒント: アクションを適用するには PerformAction を使用します。

 

エラー


2001

Authentic 範囲オブジェクト、または、関連するビュー オブジェクトは有効ではありません。


2005

戻り値パラメーターのために無効なアドレスが指定されています。


2007

無効なアクションが指定されています。

 

サンプル

次を参照してください: PerformAction

 


(C) 2019 Altova GmbH