Authentic.SchemaLoadObject

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザー レファレンス > オブジェクト > Authentic >

Authentic.SchemaLoadObject

次も参照してください:

 

宣言: SchemaLoadObject  を AuthenticLoadObject として

 

説明

SchemaLoadObject には、現在の XML ファイルための XML スキーマドキュメントへの参照が含まれています。’ スキーマドキュメントは通常 XMLSpy を使用して生成されます。

サンプル

 

 objPlugIn.SchemaLoadObject.URL = "http://www.YOURSERVER.com/OrgChart.xsd"

 objPlugIn.XMLDataLoadObject.URL = "http://www.YOURSERVER.com/OrgChart.xml"

 objPlugIn.DesignDataLoadObject.URL = "http://www.YOURSERVER.com/OrgChart.sps"

 objPlugIn.StartEditing

 

上のコードはロードオブジェクトの全ての URL プロパティを設定し、 StartEditing を呼び出してファイルをロードし表示します。 信頼されていないバージョンに関しては、 フルローカルパスを使用することができます。 現在のコンテンツとプラグインの状態はクリアされます。

 


(C) 2019 Altova GmbH