Authentic.attachCallBack

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザー レファレンス > オブジェクト > Authentic >

Authentic.attachCallBack

使用しないでください

 

接続ポイントイベントの説明はここで説明されています。

 

 

次も参照してください:

 

宣言: attachCallBack(bstrName 文字列 としてvarCallBack Variant として )

 

説明

Authentic View はカスタムコールバック関数を使用して処理されるイベントを提供します。 全てのイベントハンドラーはパラメーターを取らず、 返される値は無視されます。固有のイベントが挙げられる際に情報を取得するには、 イベント オブジェクトのプロパティに従い読み取ります。

 

現在使用することのできるイベントのリストリスト:

 

 ondragover

 ondrop        

 onkeydown

 onkeyup

 onkeypressed

 onmousemove

 onbuttonup

 onbuttondown

 oneditpaste

 oneditcut

 oneditcopy

 

バージョン 3.0.0.0 から :

 

 ondoceditcommand

 

バージョン : 5.3.0.0 から:

 

 onbuttondoubleclick

 

 

JavaScript サンプル:

 

 // somwhere in your script:

 objPlugIn.attachCallBack("ondragover",OnDragOver);

 objPlugIn.attachCallBack("ondrop",OnDrop);

 

 // event handlers

 function OnDragOver()

 {

         if(        !objPlugIn.event.dataTransfer.ownDrag &&

                 objPlugIn.event.dataTransfer.type == "TEXT"))

         {

                 objPlugIn.event.dataTransfer.dropEffect = 1;

                 objPlugIn.event.cancelBubble = true;

         }

 }

 

 // OnDrop() replaces the complete text value of the XML

 // element with the selection from the drag operation

 function OnDrop()

 {

         var objTransfer = objPlugIn.event.dataTransfer;

 

         if(        !objTransfer.ownDrag &&

                 (objTransfer.type == "TEXT"))

                 objPlugIn.event.srcElement.TextValue = objTransfer.getData();

 }

 


(C) 2019 Altova GmbH