イベント: イベントリスナーの追加 (Firefox-固有)

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザー レファレンス > メカニズム >

イベント: イベントリスナーの追加 (Firefox-固有)

各接続ポイントイベントのために Authentic Browser は addEventListener メソッドを使用して、 HTML ページ 上の SCRIPT ブロックにイベントハンドラーを与えることができます (次も参照してください: イベント: レファレンス) 。

 

メモ:このセクション内の説明は、 Firefox  のみに適用されます

 

 

Firefox  内のイベントのためにイベントハンドラーの提供の方法を説明するサンプルは以下のとおりです:

 

SelectionChanged

ビュー内の現在の選択が変更される都度、 SelectionChanged イベントはトリガーされます。 SCRIPT ブロックを使用して固有のコードを実行します。

 

 

<SCRIPT LANGUAGE="javascript">

var selCount = 0;

function OnSelectionChanged()

{

 selCount = selCount + 1;

 selectionCounter.value = "SelectionCount = " + selCount;

}

var objPlugIn = document.getElementById('objPlugIn');

objPlugIn.addEventListener("selectionchanged", OnSelectionChanged, false)

</SCRIPT>

 

Authentic.event オブジェクトはこのイベントが発生すると作成されません。イベントハンドラーがスクリプト内で登録されている場合、 Authentic.event オブジェクトプロパティは前回のイベントから発生した値を含んでいます。

 

Authentic.CurrentSelection オブジェクトには有効な情報が含まれています。

 


(C) 2019 Altova GmbH