入力ヘルパー

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザー レファレンス > メカニズム >

入力ヘルパー

Authentic Browser は XMLSpy 内と同様の入力ヘルパーウィンドウを提供します。 Authentic View ユーザーにドキュメント内の希望する場所の要素、属性、および、エンティティへのアクセスを与えます。入力ヘルパーはデフォルトでは無効化されており、 明示的に有効化されていない限り、表示されません。入力ヘルパーを有効化するには、OBJECT タグ (Internet Explorer) 内で次の PROPERTYBAG パラメーターを、または、 EMBED 要素 (Firefox) 内の属性として使用してください:

 

EntryHelpersEnabled

TRUE / FALSE

EntryHelperSize

ピクセルのサイズ

EntryHelperAlignment

SPYAuthenticToolbarAllignment 値を取ります。

EntryHelperWindows

SPYAuthenticEntryHelperWindows 値を取ります。 全ての組み合わせが許可されています (ビットの確認)。

 

OBJECT または EMBED タグ内でパラメーターを使用する代わりに API 内のプロパティとメソッドを使用することができます:

 

プロパティ

Authentic.EntryHelpersEnabled
Authentic.EntryHelperAlignment
Authentic.EntryHelperSize
Authentic.EntryHelperWindows

 

メソッド

Authentic.RedrawEntryHelpers

 


(C) 2019 Altova GmbH