Authentic Browser と使用するための HTML ページ

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  サーバーのセットアップ > Authentic プラグインのための HTML ページ >

Authentic Browser と使用するための HTML ページ

Authentic プラグインのための HTML ページが(32-ビット、または、64-ビットの) Internet Explorer 内で開かれている場合、次の要素が含まれている必要があります:

 

HTML OBJECT 要素は以下をおこないます(i)  Authentic プラグイン (32-ビット、または、64-ビット) のための正確な DLL がサーバーからクライアントにダウンロードされ、(ii) クライアントのブラウザー内の Authentic View ウィンドウのディメンションを指定します。OBJECT 要素には Authentic Browser プラグインの場所が含まれています。 ( 64-ビット IE 10 と 11 を除く) 32-ビット と 64-ビット Internet Explorer のための使用することのできるバージョン内で Authentic プラグインを使用することができます。正確な Authentic Browser プラグイン バージョン (.cab ファイル) をクライアントにダウンロードする必要があります。ブラウザーに依存しない サンプル を参照してください。 Internet Explorer の X-ビットバージョンを自動的にチェックし、正確な Authentic プラグインをダウンロードします。
サブルーチンとイベントの処理を定義するための1つまたは複数の HTML SCRIPT 要素です。SCRIPT 要素は編集する XML ドキュメントと XML スキーマと SPS ファイルがベースにする XML ドキュメントを指定するために使用。

 

 

このセクションは次のサブセクションに整理されています:

 

OBJECT 要素 は HTML OBJECT 要素が Authentic プラグインのための HTML ページでどのように使用されるかについて説明しています。
SCRIPT 要素 は HTML SCRIPT 要素が Authentic プラグインのための HTML ページ内でどのように使用されるかについて説明しています。
HTML ページ全体のサンプル: IE サンプル 1: シンプルIE サンプル 2: テーブルの並べ替え

 

個別のオブジェクトに関する情報に関しては、レファレンスセクション内の対応するオブジェクトの説明を参照してください。

 

 

メモ:Authentic Browser プラグインは Internet Explorer 5.5 または以降 のためにサポートされています。しかしながら、Internet Explorer 10 と 11 の 64-ビットバージョンはサポートされません。

 


(C) 2019 Altova GmbH