Firefox サンプル 1: シンプル

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  サーバーのセットアップ > Authentic プラグインのための HTML ページ > Firefox >

Firefox サンプル 1: シンプル

下の HTML コードは次の機能を持つページを生成します:

 

インストールされていない場合、クライアント上の Firefox のために Authentic Browser の信頼されているバージョンをインストールします。
ページ内の Authentic Browser ウィンドウはブラウザーウィンドウの 100% の幅、および 60% の高さに設定されています。
Authentic Browser ウィンドウの下は4つのボタンの行です。
OrgChart.xml の Authentic View がロードされます。
「検索と置換」 ボタンは検索と置換 ダイアログをそれぞれ表示します
「保存」 ボタンはサーバーのルートディレクトリ内にある SaveFile.xml という名前のファイルを保存します。
「テスト」 プロパティ ボタンはシンプルなプロパティをテストします。

 

この HTML ページがクライアントで開かれると、 XML ファイル OrgChart.xml の編集を開始し、編集したファイルを SaveFile.xml として保存することができます。

 

Authentic Browser が正確に作動するかテストするために、このシンプルな HTML ページを使用することができます。 これを行う場合、   XPI ファイル、 xsdxml、 および sps ファイル、およびサーバー上の他のリソースをロケートする URL 内のそれぞれのファイルに対して正確なアドレスとパスを使用してください。サーバーの一部では大文字と小文字の区別が問題になる場合があり、ファイルを検索する際に問題になる場合がありますので、 コード内のファイル名とコマンドの大文字/小文字の指定をチェックしてください。このサンプルを拡張、または、変更して、 Authentic Browser を使用し、更に複雑なソリューションをビルドすることができます。

 

 

 

<html>

<head>

   <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=windows-1252">

   <title>Minimal Authentic Browser PlugIn page</title>

       

</head>

 

<!-- to disable the fast-back cache in Firefox, define an unload handler -->

<BODY id="bodyId" onunload="Unload()">

   <!-- Embed element has id with value that must be used -->

   <!-- as name of Authentic Browser プラグイン objects -->

   <!-- type selects the Trusted Unicode version -->

   <embed 

 id="objPlugIn" 

 type="application/x-authentic-scriptable-plugin" 

 width="100%" 

 height="60%" 

 PLUGINSPAGE="http://your-server-including-path/AuthenticFirefoxPlugin_trusted.xpi"

 LicServer="DevAuthBrowTest" 

 LicCompany="Altova" 

 LicKey="XXXXXXXX" />

   <!-- Script with subroutines -->

   <SCRIPT LANGUAGE="javascript">

 var objPlugIn = document.getElementById('objPlugIn');

 function OnClickFind()

 {

         objPlugIn.FindDialog();

 }

 

 function OnClickReplace()

 {

         objPlugIn.ReplaceDialog();

 }

 

 function BtnOnSave()

 {

         objPlugIn.XMLDataSaveUrl = "http://your-server/Authentic/SaveFile.xml"

         objPlugIn.Save()

 }

 

 function BtnOnTestProp()

 {

         alert ( objPlugIn.IsRowInsertEnabled );

 }

 function Unload()

 {

 }

 function InitAuthenticPluginPage( )

 {

         var serverstr='your-server/';

         var basedir='Authentic/';

         objPlugIn.SchemaLoadObject.URL = 'http://' + serverstr + basedir + 'OrgChart.xsd';

         objPlugIn.XMLDataLoadObject.URL = 'http://' + serverstr + basedir + 'OrgChart.xml' ;

         objPlugIn.DesignDataLoadObject.URL = 'http://' + serverstr + basedir + 'OrgChart.sps';

         objPlugIn.StartEditing();

 }

 // event subscription if running on Firefox 

 objPlugIn.addEventListener("ControlInitialized", InitAuthenticPluginPage, false);

   </SCRIPT>

   <p>

     <input type="button" value="Find" name="B4" onclick="OnClickFind()">

     <input type="button" value="Replace" name="B5" onclick="OnClickReplace()">

     <input type="button" value="Save" name="B6" onclick="BtnOnSave()">

     <input type="button" value="Test property" name="B7" onclick="BtnOnTestProp()">

   </p>

</body>

</html>

 

 

メモ:上のスクリプトには Authentic Browser Enterprise Edition を有効化するために必要なライセンス情報が含まれています。 3つのパラメーター LicServerLicCompanyLicKey が存在しない場合、 Authentic Browser 機能は Community Edition の機能のみに制限されます。

 


(C) 2019 Altova GmbH