このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova LicenseServer

Altova ServiceController (略してServiceController) は Windows システム上で Altova サービスを便利に開始、停止、構成できるアプリケーションです。

 

ServiceController は Altova LicenseServer とおよび サービスとしてインストールされる Altova サーバー製品 (FlowForce Server, RaptorXML(+XBRL) Server, and Mobile Together Server).スタート | Altova LicenseServer | Altova ServiceController をクリックして開始されます。(このコマンドは 「開始」 メニューフォルダーでも使用することができます サービスとしてインストールされる Altova サーバー製品 (FlowForce Server, RaptorXML(+XBRL) Server, and Mobile Together Server)。)ServiceController が開始した後、システムトレイからアクセスすることができます。(下部スクリーンショット)。  

inc-LSServiceControllerTrayIcon

システムログイン時に ServiceController の自動開始を指定するには、システムトレイの ServiceController アイコンをクリックして  ServiceController メニューを表示します (下部スクリーンショット)。スタートアップ時に Altova ServiceController を作動する(Run Altova ServiceController at Startup) コマンドに切り替えます。(このコマンドはデフォルトで切り替えられています。)ServiceController を終了するには、システムトレイの ServiceController アイコンをクリックして、表示されるメニューから Altova ServiceController の終了(Exit Altova ServiceController) をクリックします (下部スクリーンショット参照)。

inc-LSServiceControllerStart

 

 

サービスの開始と停止

(例えば、 Altova RaptorXML Server サービス) インストールされた Altova サービスコンポーネントは ServiceController メニューでエントリとして表示されます (上部スクリーンショット参照)。 Altova サービスは ServiceController のサブメニューのコマンドを介して開始または停止することができます。更に、 ServiceController メニューを介して、個別サービスの管理タスクにアクセスすることができます。上部のスクリーンショットでは、例えば、 Altova LicenseServer サービスにはサブメニューがあり、「構成」 (Configure) コマンドを介して LicenseServer の構成ページにアクセスすることを選択できます。 

 

(C) 2020 Altova GmbH