このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova LicenseServer

2番目の LicenseServer はプライマリ LicenseServer が使用できなくなった際にプライマリ LicenseServer を引き継ぐように構成することができます。この2番目の LicenseServer は フェールオーバー LicenseServer と呼ばれます。フェールオーバー LicenseServer の作動メカニズムは以下の通りです:

 

LicenseServer アプリケーションは通常フェールオーバー LicenseServer となる予定のマシンにインストールされています。

この LicenseServer はネットワーク上で作動するプライマリ LicenseServer のフェールオーバー LicenseServer として構成されます。構成はフェールオーバー LicenseServer の設定 タブで構成を行うことができます。

 

フェールオーバー LicenseServer が構成されると、プライマリ LicenseServer とフェールオーバー LicenseServer はそれぞれのヘッダーバー内のフェールオーバーの存在に関する情報を表示します。 プライマリは自身のフェールオーバーを認識し、フェールオーバーはプライマリの名前をあげます (下のスクリーンショットを参照してください)。

Failover03PrimaryLSNotification

Failover04FailoverLSNotification

メモ:LicenseServer が Failover LicenseServer として設定されると、 ライセンスプールクライアント管理クライアントのモニタリング タブは表示されません。 プライマリ LicenseServer からフェールオーバー LicenseServer に引き継がれると、タブは再度表示されます。

 

フェールオーバー LicenseServer のしくみ

フェールオーバー LicenseServer は以下のように作動します:

 

フェールオーバー LicenseServer が更新されると、全てのライセンス、登録済みのクライアント、およびライセンスの使用許諾書をプライマリから定期的に同期します。

プライマリが使用できない場合、フェールオーバーが LicenseServer の役割を引き受けます。

プライマリがまた使用できるようになると、フェールオーバーからコントロールを取り戻します。この期間中フェールオーバー上でライセンスに関連した変更は、プライマリがコントロールを取り戻すと失われます。

フェールオーバー LicenseServer  はバージョン 2015 rel 3 または、以降、および Altova MobileTogether Server バージョン 1.5 または以降の Altova 製品にのみライセンスを提供します (プライマリ LicenseServer のクライアントの監視タブ 内の情報から古いクライアントを識別することができます)。フェールオーバー LicenseServer 機能を使用する場合、必要とされる最低バージョンに Altova アプリケーションをアップグレードすることが必要です。

 

フェールオーバー LicenseServer によりバックアップされている LicenseServer をアップデートする方法

フェールオーバー LicenseServer によりバックアップされた LicenseServer を新しいバージョンに更新する場合、次の順序で更新を行ってください:

 

1.プライマリの LicenseServer を更新してください。更新中にフェールオーバー LicenseServer に切り替えられます。

2.プライマリの更新が完了するまで待ちます。プライマリの更新が完了すると、プライマリにフェールオーバーから切り替えられ、フェールオーバーのサービスは停止されます。

3.フェールオーバー LicenseServer を更新します。

4.フェールオーバーの更新が完了すると、フェールオーバーのサービスを使用することはできません。

 

メモ:フェールオーバーを最初に更新しようとすると、インストールは失敗し、 インストールのロールバックが行われます。フォールバックに失敗すると、フェールオーバーはアンインストールされます。

 

(C) 2019 Altova GmbH