このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova LicenseServer

Web UI 設定 (下のスクリーンショット) は Web UI (または、 構成ページ)のためのネットワークアクセスを指定します。接続を暗号化または非暗号化することを指定しすることができます。また、 Web UI にアクセスしているインターフェイスに従い接続を暗号化または無効化することを設定することも可能です。通常、所属機関のネットワーク内部からアクセスする場合、暗号化されていない接続を使用し、所属機関の外部のネットワークからアクセスする際に暗号化された接続を使用します。下のスクリーンショットで表示されている設定は同じマシンからアクセスされる場合暗号化されていない接続をセットアップし、その他すべてのマシンからのアクセスに対しては暗号化された接続をセットアップします。

 

http プロトコルを介して暗号化されていないアクセスを作成することができまが、暗号化されたアクセスは https を使用して作成されます。

Click to expand/collapse

Web UI のための許可されている IP アドレスは以下であることができます: (i) そのマシンの全てのインターフェイスと IP アドレス、または、 (ii) 固定されたアドレス。

暗号化された接続に関する詳細は、 SSL 暗号化のセクションを確認してください。

 

デフォルトの設定により、 LicenseServer が接続されるネットワーク内からの LicenseServer とその構成ページへの制約されていないアクセスを許可します。LicenseServer へクライアントが持つアクセスを制限する場合、許可する設定を入力して、「保存」(Save) をクリックします。

 

接続チェック を作動して、設定が正確に設定されているかチェックします。

 

(C) 2020 Altova GmbH